nekoschool

猫に関する情報を配信していきます。猫の基礎知識から番外編まで。

「猫の目のあれこれ」猫の目って綺麗。まるでビー玉みたい♡

time 2016/09/09


こんにちは♡今回はあの綺麗な猫の目についてご紹介していきます。

猫の目って本当に見ているだけで癒されますよね。まるで光るビー玉にように美しいですね。筆者の私が買っている猫はキジトラなのですが、金色の目が綺麗すぎていつもじーーっと見てしまいます。実は猫は見つめられるのが苦手らしいですね。いつもじっと見つめると逃げたりしてしまいます。

ちょっと話が逸れてしまいましたが、猫の目について解説していきます。

猫の綺麗な目はハンティングのため


猫の目ってなんであんなにキラキラして綺麗なのでしょうか?

猫の目には水晶体(光を取り入れるようなもの)が大きいのです。この水晶体が大きいおかげで暗闇でのハンティングを可能にしています。猫は薄暗い所では瞳孔を大きくし、明るい所では瞳孔を卵形に、もっと明るい直射日光のしたでは細くなります。

猫は光の量によって瞳孔を変化させます。これは光の量によって眼球の中の筋肉が瞳孔の大きさを調整するのです。

このおかげで暗闇でもわずかな光でハンティングを行うことができるんです♡

猫の綺麗な目は全体視野がひろい!


猫はもともと肉食動物。野生の世界では、捕食者にあたるので自分で狩りをしなくては生きていけません。

そのため全体視野が広いのも猫の特徴になります。なんと正面をむいた時の視野は280℃と言われています!斜め後ろの獲物も見ることができるんです!さすが、肉食動物ですね。

知ってた?子猫はみんな目が青い!


猫の目って色々な色がありますよね。ゴールド、グリーン、ブルーなどなど。あなたはどんな色の目をした猫が好きですか?私は断然、ゴールド推しです♡

しかし、この綺麗な猫の目、実は生まれた時は品種や毛の色に関係なくみんなブルーなんです!以外と知らない事実なのではないでしょうか。これは正式な呼び方があります。「キツン・ブルー」です。猫の綺麗な目のはじまりはブルーの目だったんですね。

人間とはちがう猫の色彩学


猫はもともと夜行性の動物。あなたの猫ちゃんも夜になると元気に走り回るのではないでしょうか。もともと夜行性の猫は色を判別する能力はあまり発達していません。暗闇では色の判別は必要ないですからね。

では何色が見えるのでしょうか?

答えは、緑色と青色。と言われています。ちなみに見えづらい色は赤色。

人間よりも少ない色彩なんです。一度猫のあの綺麗な目で見てる世界が見てみたいですね♡

猫の目がきらきらしてる理由!


猫の目は暗闇でみるときらーんってしていませんか?写真なども目からビームがでているみたいになりますよね。猫の網膜にはタペタムという薄い膜があります。このタペタムという膜は光を反射する性質があり、網膜を追加した光を再び網膜に跳ね返します。これにより暗闇で猫のめがきらーんってして見えるのです。

最後に

いかがでしょうか?猫の目ってとても綺麗ですが、不思議な部分もたくさんありますよね。猫の見ている世界がとても気になりますね。
最後までご覧いただきありがとうございます!

down

コメントする




CAPTCHA